夏フェス 女子の服装と持ち物で便利なのは?リュックって邪魔なの?

夏フェスで盛り上がりタい!でも、初めてだから
どんな格好していったらいいのか解らない、
何を持ってたら便利で困らない?
リュックが楽そうだけどじゃまになるの?ならないの?
夏フェスを快適に過ごす方法をここで確認してから
行きましょう!

スポンサードリンク

 夏フェス 女子は服装がいいの? 

夏フェスを快適に過ごすかどうかは、服装にも掛かって
いますよね。

野外でのライブ鑑賞には暑さがつきものです。
そして、天候の変化があったり、風でホコリがまったりと
いろいろな環境の変化か考えられます。
影響の無い服選びをしましょう。

まずは、暑さ対策をする事が一番です
黒っぽい色の服は熱を持つので避けるようにします。
涼しげな色を選びましょう。

あまり厚手のものを着用するのは避けて、日焼けが気になるので
あれば、薄いものを重ねtて羽織るようにします。
夜になると寒く感じる場合もありますので、
体温調節できる様に重ね着するといいでしょう。

砂埃が凄い会場などはきれいな格好していくと泣けます。
動きやすくて汚れてもいいパンツスタイルが一番でしょう。
汗を良く吸う素材を選ぶことも快適に過ごすコツの一つです。

キャミなど凉めの格好でいき、長袖を腰に巻く感じに、
7分丈のパンツなどでもいいでしょう。
暑さで具合が悪くならないように体を締め付けないものを
選びましょう。

服装も大事ですが、靴にも注意が必要です。
ミュールとかハイヒールはやめておきましょう。
汚くなるし飛び跳ねたいときに飛べません(笑)
それだけではなく、人ごみの中を歩く時に
自分が怪我をする可能性もあるし、他の方を怪我させる
可能性もあります。 素足が出てるものも避けるように
した方が無難です。
スニーカーで汚れてもいいものを選ぶようにしましょう。

一日いる方で、シートエリアがあるのであれば、
シートを敷いて座って、公演中に裸足になって
リラックスしながら見るという手もあります(笑)

 夏フェスの持ち物であると便利なものって? 

夏フェス会場での必需品ってなんでしょうか?

やはり重要なのは、暑さ対策ですね。

帽子

これはいります
頭を締め付けない風通しのよいものを選ぶようにしましょう

最近ではひもがついている可愛いものがあるので
風強いときとか飛ばされずに便利です。

スポンサードリンク

野球帽でもいいですし、日よけになるように
ツバの大きめのものを選んでもいいでしょう。
ただし、見るときや周りの方のじゃまにならない
程度にしましょう。

タオル

首にかけれるようなのがいいと思います。
Tシャツなど羽織るものの他に一枚上にかけるものが
あったほうがいいです。

バスタオルの大きめのものがあると、敷いたり
かけたり、汗を拭いたりなど重宝します。

飲み物

十分に水分俸給をするためには大量に必要です。
しかし、荷物になるしぬるくなってしまう事を
考えると、数本持ち来んであとは現地で購入する
のがベストでしょう。

凍らせたペットボトルなでがあると役立ちます
飲み物を下げるホルダーにいれるとじゃまに
ならず快適です

ベットボトル以外持ち込み禁止の所もありますので
指示に従いましょう。

サングラスもあると重宝します

うちわなどもあれば便利です

雨具

天候が崩れたり、夕立があったりするので、
雨具は忘れないようにしましょう。
傘は後ろの人が見えなくなってしまうので公演中は使えません。
寒いときは防寒にも使えます

ごみ袋

ゴミを入れるだけでなく、急な移動時にも役立ちます。

着替え

Tシャツ一枚でもいいので持つようにしましょう。

バンドエイドなども怪我をしたときに役立ちます

シートエリアがあるならレジャーシートも持って
行きましょう

お金は多めに!

飲み物なども意外に高値設定されていたり、
現地で食事を数回とるとなるとあっという間に
数千円はかかります。
多めに用意してきましょう。

節約する為にはクーラーバックに弁当を詰めて
いくのもいいでしょう。

 夏フェスにリュックは邪魔なの? 

いろいろあれもこれも!と考えるとどうしても荷物が
多くなってしまって、リュックがいいかな?と思いますよね。

シートエリアだと荷物を下ろす事も出来ますが、
1人での参加だと前に見に行くときは背負って見に行く
事になりますよね。

リュックは肩が凝ったり、後ろの人の迷惑になったり
する事もあります。
荷物はおけないものと考えたほうがいいので、長時間楽に見るという意味ではウエストポーチのほうがお勧めです。

 まとめ 

野外は極力荷物を持たないことがベストです。
最低限の荷物で済むように工夫してみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする