隅田川の花火のおすすめは第一と第二子連れならどっち?

関東でも有数の人出がある事でも有名な隅田川の花火大会。
日程はいつ?子供を連れてみに行きたいんだけど、第一会場と第二会場ってどっちがオススメ?などなどをお話します!

スポンサードリンク

 隅田川の花火 子連れでのおすすめはこっち! 

隅田川の花火大会は第一会場と第二会場があります。

どちらの人でがおおいかというと、どちらもおなじような感じでどちらかが空いているということはないです。

中でも第一会場は特に人が多く、買い物のトイレも時間がかかり一苦労です。
遅い時間に到着して橋で見ようとすると、警察の規制でずっと歩かされる場合もあります。

第二会場は露店が少なく、お祭りの雰囲気は第一会場に負けますが、18時に江戸通り・春日通りが歩行者天国になります。
ビルの陰で見えない場所も多々ありますが、少し移動すれば見られるようになります。
18時ごろ行っても座って見る事ができる可能性もあります。

コンビニも第一会場に比べ比較的多く、買い物が簡単にできたり、トイレも使う事ができます。

その店からも、お子さん連れの場合は第二会場をオススメします。

 隅田川の花火 第一と第二の最寄り駅と開催日時はこれ! 

開催日時 h27年7月25日

第一会場 桜端下流から言問橋上流
19:05〜

東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩10分
東部スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分

第二会場 駒形橋下流から厩橋上流
19:25分〜
都営地下鉄大江戸線 浅草線 蔵前駅 徒歩10分
東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩8分
JR総武線 浅草橋駅 徒歩12分

詳しい場所はこちらからご確認くださいね。

http://sumidagawa-hanabi.com

 隅田川の花火 子連れで気をつけたい事はこれ! 

なんといっても心配なのかお子さんのトイレですよね。
子供は”トイレ!”と行ったときにはかなり限界に近づいている事が多いです(笑)
花火大会が始まる前に駅やコンビニなどで用を済ますようにししましょう。
各所に仮設トイレも設置されいますが、毎年長蛇の列ができています。

行き帰りの駅もチェックしておきましょう、
お子さんは途中で帰りたい1という場合もあります。
移動する場合など、どこの駅が一番近いのかわかるように、予めチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

ひと混みの位置に気をつけよう!
お子さんはいつ何を言い出すか解らないですよね。
急遽移動しないと行けない場合もあります
人ごみの最前線にいると、抜け出したくても抜け出せない場合があります。
人ごみから抜け出し易い場所を選んで見るようにしましょう

当日は17時ころにはすでに人でいっぱいになります。電車も満員で何台か見送らなければならないかもしれません。一時的に人が集まりすぎて携帯電話が不通になる事もあります。
子供さんがつぶされないように、混雑する時間帯を避けて移動する事を考えましょう。

子供に取っては夜遅い時間帯に帰る事になります。
寝てしまう事も考えられるので、寝てしまっても大丈夫なように、背負うときに楽になるようなものを準備していきましょう。

こんなのがあると便利ですよね〜。

暑い所では、背の低いお子さんは特に暑さを感じ易いです。
水分補給を忘れずにさせる事、涼しい格好をさせて行くなどの暑さ対策をしっかりとしていきましょう。

 まとめ 

お子さん連れて行く場合は、まずはお子さんの安全を第一に考えましょう。
手を放さないのはあたりまえですが、ちょっとした気のゆるみや、他の同行者が見ている!という思い込みで迷子になることもあります、十分に気をつけてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする