東北六魂祭秋田2015の混雑ぶりや駐車場の状況はどうだった?

東北の復興への祈りを混めて行われるようになった東北六魂祭、
今年で6回目で会場は秋田市で行われました。
初日に行って来たので、どんな感じだったかお伝えしますね。

スポンサードリンク

 東北六魂祭秋田2015初日行って来ました! 

今回はメインのパレードのみを会場で見ました
夏日で猛将という事もあり、あまり早く行く気にはなれずにパレード開始に間に合うように出かけました。

混雑することは解っていたので車は辞めて自転車て近くまで行く事にしました

交通規制されている所に近くなるにしたがって、段々と人が増えて行きました。

市役所の後ろのあたりまできて、パレードのある通りに曲がろうとしたら、
入場制限されているので通れません、
まっすぐ行ってください!と言われ、仕方なくまっすぐ行くと、パレード見る方はこちらです!と言われ誘導されたのがメイン会場でした

確かにモニターはあるけど生でみたいんですけど、、、と思いながら、こっから抜けられるのかな?と安易に考えて進んで行くと、メイン会場からパレードをする通りには出られませんでした、
仕方ないのでメイン会場から出て再度進んでいくとパレード会場に到着することが出来ました。
なんで案内されたんだ??

早い方は午前中から場所取りしてる見たいなので、お昼頃には行かないと前の方で見れないみたいです。

最初は竿燈があげられていて、しばらくするとそれぞれのお祭りのパレードが始まりました。

さんさ踊りや花笠踊りは華やかな感じでした.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わらじ祭りは見た事が無かったので長くて大きなわらしの存在感にびっくり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仙台は七夕なので、センスを振って踊っている感じでした。
一番目を惹いたのはねぶた祭りではないかなと思います。

今回東北六魂祭では初めて、本番と同じ大きさのものを使用してのパレードだったので、勇壮な感じでした。
出演者の方たちも沿道の方に声を書けたりして一生懸命盛り上げていました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一通り見たので混雑する前に退散!と思ったのですが、やっぱりまともに歩けないほどの人、人、人、でした!

パレードの後には竿燈に火がともされ、再度あげられました
ねぶたも明かりがともされると言ってたので、もう少し待てば良かったかな?

 東北六魂祭の混雑はこんな感じ! 

パレードが始まってから到着したので、とにかく人の多さは予想以上でした!
桟敷席の方たちは座っているので見やすい状態でした。

沿道で見ている方達は前の方にいる方は座って見ているので、何重かの人垣になっていても座っている人の後ろに立てれば近いという感じではないですが見えない事はないです。

スポンサードリンク

パレードのグループが変わるたびに座っている人たちが立ち上がり写真を撮り始めるので後ろに立っている人たちは一気に見えなくなります、、、。
少しすると落ち着きますが、肝心の所になると見えなくなるので、やっぱり前の方にいないと見えずらい状況にはなりますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気に入ったものだけ見ると帰る方もいるので、少し待つと前の方に進める場合もあります。
移動できるチャンスを見逃さずに前の方に進んでいくと見やすくなります。

パレードが始まるとパレードの道路を横切る事ができなくなるので、早く帰りたい人は自分が帰る方角に近い方で見るのがいいです。

 東北六魂祭秋田 駐車場はどんな感じ? 

朝から混んでるみたいですよ〜との情報あり。

発表されているものみると、シャトルバスが運行される駐車場は午後二時の時点で満杯になっている様です。

かなりの数の台数を用意しているようですが、午前中に止めないと止められない場合が多いようです。

帰りのシャトルバスの運行に送れもでているようです。
市外の方などは電車で来て、秋田駅から会場まで歩いた方がいいかもしれません。
ちょっと距離もあるので時間はかかりますが、駐車場の心配がないのでいいのではないでしょうか?

 東北六魂祭秋田 ブルーインパルスはこんな感じ! 

今回はなんらかの事情があって、演目を減らしての飛行になったようです。

東北六魂祭前日の29日にテスト飛行があるというので、市役所の所に見に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市役所の所まで行くと、ナレーションが聞こえるので、操縦している方のプロフィールや、どちらの方角から来ますなどのナレーションを聞く事ができます。

しかし、周りが建物に囲まれている所では、見える距離が短くなってしまい、物足りなさを感じます

テスト飛行の日は快晴で奇麗な青空とまぶしすぎる太陽たありました。
飛んでいる方角が太陽に向いている方だった為、見づらかったし写真も撮りづらい状態でした。

しっかりと奇麗にみるポイントは、事前にどういう風に飛ぶのかを確認して、ベストポジションを探すといいです。

飛ぶ場所が解れば太陽の方向から見る様にすると奇麗に見えるし、出来るだけ回りに建物のないすこし小高い所を探してみるととても見やすいです。

テスト飛行を見たおかげで、数キロ離れてはいるけどしっかりと自宅から見えることも解り、どちらの方角に見えるのかなどがわかったので、近くまで行かず、自宅側の公園の小高い山から見た方が奇麗に見えるかも!という事で言ってみたら見事的中!
真下で建物に囲まれたような所でみるよりも、かなりいい状態で見えました、
同じ事を考える方が沢山いて、かなりの人がいました)(笑)
ちょっと曇っていたのが残念でした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 まとめ 

22万人の人出が見込まれる東北六魂祭秋田2015。
事故なく盛り上がって終焉を迎えられるといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする