花火大会 浴衣の暑さ対策や汗対策はこれ!

691b491b60b1b2fac0bb321452597beb_s

夏の風物詩でもある花火大会
せっかくだから浴衣で行きたい!そんな方も多いですよね。
しかし、心配なのは暑さです。
浴衣って意外に暑いのご存知ですか?
浴衣の暑さ対策や汗対策をしっかりと確認して出かけましょう!

スポンサードリンク

 花火大会での浴衣の暑さ対策はこれ! 

粋に着こなせると女子力がアップする浴衣。
昔浴衣はお風呂上がりに涼むために着ていた事からも、涼しいかもと思いがちです。

でも、Tシャツに短パンなどのラフな格好になれている現代人には意外に暑くで苦労するなんて事もあるんですよね。

浴衣はちょっとしたポイントを抑えると涼しく着こなす場合があります。
解説して行きましょう!

 浴衣の暑さ対策には生地選びも重要なポイントです! 

一口に浴衣と言ってもいろいろなものがありますね
購入してそのまま花火大会に出かける方も多いようです。
そんな時に選ぶのはポリエステルなどが多いのでは?
安価なので選びがちですが、実はこれは風を通さないので一番暑いです(笑)

綿で出来たものは汗と吸い取ってくれて、多少の涼しさがあります。

麻が入っているものは高くなりますが風通しなどがよくなるの涼しいです。

素材だけではなく、生地の厚さでも違って来ます。
薄手のものを選ぶようにしましょう。

素材によって涼しさが変わってくるので、何年も着る予定があるのであれば、ちょっと奮発して麻が入っているものを購入してみてはいかがでしょうか?

 浴衣のひえひえはこれ! 

その1 うちわは必須です!

持っているだけでも涼しげに見えます。
って、自分が涼しくなきゃ意味ないですけど、、(笑)

手首の所から脇の下に向けて風を送り込んでみましょう。
風が通って少し快適になります。
間違っても直接脇の下を仰ぐなどの行為は避けましょうね(笑)

うちわって持って歩くには意外と邪魔になるものなのですが、浴衣の場合は背中の所の帯に挟んでおく事ができるので手に持ってあるく必要がないのでらくちんです
ぜひ一枚もって出かけましょう。

扇子も帯に挟める事ができるし、見た目がおしゃれなのでオススメです。
着物の柄に会わせてコーディネートしてみましょう。

その2 冷えピタやアイスノンなども利用してみましょう!

体温を下げるのに有効な場所は首の後ろと脇の下などです。
せっかく浴衣を着ているのにみえるように貼るのはとても残念ですよね。
襟の内側に細長いアイスノンを手ぬぐいで巻いたものをはさんで見えないように工夫してみるのもオススメです

その3 飲み物を入れたペットボトルを凍らせて持って行く!

ペットボトルにお茶や水などを入れたものを凍らせておきます。
タオルなどで包んでおくと長時間にわたり凍ったままになるので、暑いと時に額に当てたりすると暑さ対策になり、溶けた時には冷たい飲みのもになります

ただ、溶けづらい場合があるので、飲みたい時に飲めない!という事が起きる場合があります。
事前にどの程度で溶けるか実際に凍らせて持ち歩いてみましょう。

その4 時間調整をして出かけよう!

花火大会は暗くなってからはじまりますよね
浴衣を長時間着るのは結構つらいハズです。

トイレにいくのも結構大変だと思うので、出来るだけ短い時間で済む様に、夕方から出かけるようにしてみましょう。

夕方頃になると少し暑さも和らぎます
どうしても早い時間帯で出かける場合は、クーラーの効いて言える場所で待機できるような工夫をしてみましょう

スポンサードリンク

その5 浴衣の着方で暑さ対策に一工夫!

着物は着崩れしたりしない為にぎっちりと結んだりするので、風通しがとても悪い場合が多いです。
背中にも風が通ると温度が下がり暑さの感じ方がだいぶ違いますよね。
着崩れしない程度に衿を少し大きく抜いたり、少し緩めにしておくのもポイントだと思います。
工夫してみましょう

その6 髪の毛はアップで1

首筋に髪の毛があると暑いです。
少しでも風が当たる様に髪の毛はアップにしましょう。
おしゃれにアップすると女子力もアップです!

 浴衣の汗対策はこれ!

浴衣は見た目は涼しげですが、実際着ると”暑くてたまらない”といった声もありますね。
真夏の虜出の多い軽装から比べれば、全身に衣類がまとわり付けている感じになるので、暑くて汗をかくのは当然ですね、
出来るだけ涼しく、汗が吹き出さないようにする工夫が欠かせません、

着る時のポイントがありますので、いくつかあげてみましょう、

着物を着る場合はくびれは帯をする時のじゃまになるので補正しますよね。
補正する場合分厚い補正を入れないのがポイントです。
タオルなどで補正すると汗取りになります。
しかし、大量の汗などの場合は、汗で湿ってしまい簡単には乾かないため気持ち悪さを感じる事もあります。

蒸れてしまいかぶれる方などもいるようです。
晒などを利用してみるのもオススメです。

下着も汗取りのものを利用すると着心地が変わります

着物用の汗取り肌着があります
こちらのようなものを利用すると着崩れ対策にもなります。

通常下半身部分などには裾除けなどを利用しますが、汗をかいたりするとまとわりついてしまって歩きづらかったり、擦れてしまう感覚が気持ち悪かったりすることがあります。

そんな時に利用したいのがステテコです。

ローライズになっていて履き易いものや、レースなどが施されているものなどもあり、見えない方がいいものですが、見えても恥ずかしくないような気遣いがされているものもあります。

気に入ったものを探してみましょう。

 まとめ 

人ごみの中を歩くと余計に暑さを感じます。
暑さ対策はしっかりとして出かけ、楽しい花火大会にしましょう!

浴衣の中に着るものに関する記事はこちら
浴衣の色の合わせ方や帯の結び方に関する記事はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする