インフルエンザと風邪の違いは?子供が掛かったら注意すべき事は?

小さい子供が急に高熱を出したrら慌てますよね。
風邪なのか、インフルエンザなのか判断に迷う事もあるかもしれません。
風邪とインフルエンザの違いや、対処法をしっかりと把握しておきましょう。

スポンサードリンク

 インフルエンザの流行時期っていつ?

12月に入ると流行しだします。
三月初旬ころまでは注意が必要です。

 インフルエンザと風邪の違い 症状は?

どちらも似たような症状がでて、判断に迷うものですが、高熱が出るか出ないかの違いがあります。
突然高熱が出た場合はインフルエンザの可能性が高いです。
その他の症状として、節々の痛みや倦怠感などが特徴としてあげられますが、小さなお子さんからは、症状を上手く聞き出す事が出来ないので、判断の材料として情報を得る事は難しいです。
お子さんをよく観察して、熱が酷くならないうちに診察してもらうようにしましょう。

 インフルエンザの予防接種の効果は?

インフルエンザウイルスは、毎年変化するため、必ずしも有効とは限らず、ワクチンが効かず大流行してしまう年もあります。
予防接種をしたからといってインフルエンザにかかる事はないというわけでもありません。
だからといって受けなくていいという事ではありません。
かかりにくくなったり、かかっても重篤化することなく済む場合が多いため、受ける事をおすすめします。
大人は一回の接種で大丈夫ですが、子供は二回接種が必要です。抗体ができるまで時間がかかりますし、
間隔を空けて打つ必要があるので、10月に入ったら受けさせるようにしましょう。

スポンサードリンク

 インフルエンザにかからないためにはどうする?

インフルエンザは飛沫感染するものなので、マスクをしっかりしましょう。
うがい、手洗いが有効です。
外出して帰宅した時にはしっかりと手洗いと、うがいをしましょう。

ウイルスは手を介してあちらこちらに付着している事が考えられます。
ドアのノブや電源のスイッチ、携帯、スマホ、、
しっかりと殺菌するよう心がけましょう。

子供は嫌がってマスクをしない事が多いです。
大人からうつさない、子供からうつされない為にもせめて回りの方がマスクをするように心がけましょう。

 インフルエンザにかかってしまったら?

水分補給をこまめに行うようにしましょう。
子供ようのポカリなども販売されていますので有効活用するようにしましょう。

 インフルエンザの治療で子供に薬を処方されたら注意する事は?

タミフルなどを処方された場合、小さなお子さんは異常行動をおこす場合があります、
過去には飛び降りして死亡したといった残念な事故も起きています。
熱せん妄といって、幻覚症状などを引き起こします。
突然走りだしたり、階段を駆け上ったり、ベランダへ飛び出してしまったり、興奮状態に陥ったりすることがあるようです。
最低でも二日間はお子さんから目を離さないようにしましょう。

熱が下がったからといってむやみに外出させず、
最低でも三日間は外出しないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする