喪中はがきを出す範囲はどこまで?いつ出すのがマナー?

親戚でご不幸があった場合、喪中はがきを出しますよね?
いざ出そうと思ったとき、この場合はだすの?
いつ出したらいいの?私って喪中?って悩んだ事ないですか?
どうするべきか、解説します。

スポンサードリンク

 喪中はガキは誰が亡くなったとき出すの? 

1親等の方がお亡くなりになって一年に満たない時に
出すのが一般的です。

親 
配偶者
子供
などが亡くなった場合にだします。

その他としては、同居の2親等までの親族が亡くなった場合も
出すようにしましょう。

例えば、おじいさん おばあさん
兄弟やお孫さんなどが亡くなった場合です。

送る範囲は悩む所ですが、明確な基準はありません。
ご自分が、親族が亡くなった為、新年を祝う気になれない
という気持ちがあれば対象範囲を広げて出しても問題ありま
せん。

 出すタイミングはいつ? 

喪中はがきを送るのは、新年のお祝いは出来ませんという挨拶
ですので、相手もおめでとうという年始の挨拶は送らないのが
一般的です。
送る時期としては、相手が年賀状を作りだす前に届くように
するのがいいでしょう。

スポンサードリンク

早い方だと10月の末あたりに出される方もいるようですが、
11月の中旬頃に送るのがベストです。
遅くても12月の初め頃には届くようにポストに投函しましょう。

 喪中はがきを出しそびれた場合は? 

忙しくて喪中のはがきを出しそびれてしまった、
あるいは、12月に入ってから親族が亡くなったりして
間に合わなかったという事もあるかもしれません。

喪中を知らせていなければ、年賀状はとどきますよね?
そんな場合は寒中見舞いを出すようにしましょう。
寒中見舞いは、年明けすぐにだすのではなく、松の内が
終わった1月8日以降に出すようにしましょう。

寒中見舞いの中に、喪中の為年始の挨拶をしなかった旨を
詫びる文面をいれて送るようにしましょう、

こちらの動画でもわかりやすく説明されています。
見てみましょう。

いかがでしたか?

喪中はがきはお亡くなりになった事を知らせるのではなく、
年賀状の欠礼の挨拶の為に送るものです。
亡くなった事を知っているから、出さなくていいではなく、
知っていても、年始のご挨拶を失礼しますという意味合いで
忘れずに送るようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする