秋バテとはなんぞや?原因はなに?対処法あれこれ紹介します。

秋になって、すこし涼しくなって来て、過ごしやすい日が
続いてるのに、なぜか体調が優れない、、、なぜ?
そんなことはないですか?
それって、秋バテかもしれません。
秋バテかどうか確認してみましょう。

スポンサードリンク

 夏バテとは? 

夏の暑さが原因で食欲不振に陥り、体力が消耗していく
ものです。

ここ数年は特に毎年のように猛暑が続き、きつい冷房に
あたり続けたり、冷たいものを飲み過ぎたりというった
事が原因です。

夏バテ防止には体力低下を防ぐ事が大切で、
できるたけ冷房の温度を下げたり、飲み物を
冷やしすぎないなどに注意しなければいけません。

夏バテ解消は体力が戻るまて待つしかありません。

 秋バテとは?  

疲れがとれない
肩こり
だるさ 倦怠感
なかなか眠れない
胸焼け 意のもたれ
めまいや立ちくらみがする
などが秋頃から続くことを言います。

原因としては、
夏バテが秋まで続く場合もあります。

夏バテしてないから大丈夫という事ではなく、
夏バテしなかった方でも、夏の疲れが秋になってどっと出たり、
涼しくなったのに、夏のように薄着をしていたり、冷たい
飲み物を飲み続けたり、冷房に当たったりすることによって、
秋の環境に体が付いて行けない。
結果、自律神経のバランスを崩してしまう。

ストレスや日頃からの疲れによって血行不良などが起こり。
肩こり、だるさや倦怠感が続いたりする

スポンサードリンク

などいろりおな原因が考えられます。

なかなか疲れが取れないのってつらいですよね。

 秋バテはどうすれば治るの? 

まずは、体の冷えが原因の一つですので、
体を内部から温めるようにしましょう。

シャワーだけで済ませるのは止めましょう。
ゆっくりとぬるめのお湯にはいり、血の巡りrを良くする
ようにします。
炭酸水のお湯などがおすすめです。

半身浴などもおすすめです。

半身浴についての関連記事はこちらから

夜はゆっくりと休むようにして、リラックスする時間を作り、
副交感神経を優位にするようにします。
夏からの疲れを感じている場合は特に、
思い切って休む時間を作り、疲れを取りましょう。

20分から30分の散歩も有効です。
冷房が効いたところにいると、汗をかきづらくなってきます。
汗をかく事は体温調節には重要ですので、適度に汗をかくように
しましょう。
早歩きや、ゆっくり歩きなどを混ぜながら、
メリハリをつけて歩いてみましょう。
体も温まるし、気分転換になりリラックスできます。

お酒は飲み過ぎず、冷たいものではなく、あたたかいものを
少量に抑えて飲むようにしましょう。

いかがでしたか?

気温の変化に体が付いていけないことによって起こる
バテは、体の冷えが大きな原因です。
上着を羽織る、常温の物を飲むなど日頃から
気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする