札幌雪祭りの服装と靴はどんなのがいい?子連れの防寒はどうする?

大雪像や滑り台などがあり、子連れでも楽しめる北海道札幌雪まつり。
服装はどんなのがいい?靴は?子供の服装はどうしたらいい?
解説していきましょう!

スポンサードリンク

 札幌雪まつりの服装はどんなのがいいの? 

外は寒いですが、建物の中にはいるとしっかりと暖房が
聞いていますので、インナーを薄めにして、羽織る物を
ダウンコートなどの厚めのものにするのがおすすめです。

外は寒いので、厚めのセーターを着がちですが、
下着をヒートテックなど保温効果の高いものを
着て、薄めのセーターを二枚にするなどする
などして、暑さ寒さの調節が出来るようにしましょう。

コートはフード付きのものが寒さをより防いでくれるので
いいでしょう。
フード付きの物でも、帽子はあった方がいいです。
フードがない場合は耳当てがあると寒さが段違いに防げます。

スキージャンパーなどがあれば、着ていった方がいいです。

マフラーや手袋も必須です。
手袋は出来れば風を遠さないものがいいです。
二枚重ねたりするとなおいいですね。
温かい素材のもの選ぶようにしましょう。

スカートは避けて、パンツにするようにしましょう。
ズボン下やスパッツ、厚手のタイツなどが基本で、
レッグウォーマーなどをすると足が冷えなくていいです。

靴下も厚めのものか、二枚履きがいいです。

カイロの持参もお忘れなく。

 札幌雪祭りの時に履く靴はどんなのがいいの? 

滑りにくいものを選ぶのが鉄則です。
ヒールが付いているものは転倒の元なので避けましょう。

底が薄いと冷えるので、少し厚みがあって、
中は保温効果がある加工がされていて、
防水加工されてるものがいいでしょう

スポンサードリンク

最近はおしゃれなレインブーツもあります
転倒帽子グッツもあるので利用するのもいいでしょう。

大通会場は、街の中心部にある大通公園を利用しています。
この公園は、大通西1丁目から西12丁目までで、
距離にして約1.5キロメートルあります
来場者数を考えて通常の3倍程度の所要時間を見た方が
無難です。
日中温かいと道路の雪はざくざくで歩きづらく、夜になって
冷えると固まってスケートリンク状態になります。

寒くない、滑らない 濡れない を考えた靴えらびを
しましょう。

 札幌雪祭りの子供の服装はどんなのがいいの?

お子さんは滑り台で遊ぶのが楽しみなのではないでしょうか?
氷の上を滑るのであれば、スキー用のウエアーがおすすめです。
小さいお子さんであればある程、上下が分かれていないものを
選びましょう。
トイレ!と言われると脱ぎ着は大変なのですが、
セパレートタイプだと、遊んでいる間にお腹が出ます。
しっかりと全身が隠れるようなものを着せてあげましょう。

子供は長くつでいいや〜滑らないし!って思いますが、
一般的な長靴は薄くて寒いです。
滑らなくて保温性のある濡れないものを選んであげましょう

手袋も濡れない物を選んだり(スキー用のがベストです)
二枚重ねにしたり濡れた時の替え用意するなどしましょう。

帽子も毛糸の帽子などで、脱げにくいものを選びましょう。

靴下も二枚重ねをお忘れなく。

長時間に渡って遊ぶ場合、ジャンバーから洋服まで
濡れてしまったり、汗で濡れてしまう場合があります。
念のため。下着も含め上着まで一式の着替えがあると
安心です。

 いかがでしたか?  

想像以上に寒い事を覚悟してしっかりと転倒防止、防寒対策の
両方をして楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする