きりたんぽ!だまこもちの作り方って?鍋以外で別の食べ方はあるの?

きりたんぽ鍋は秋田の郷土料理です。
きりたんぽと共に食べられているのがだまこ餅です。
だまこってなに?って方。
美味しいんですよ〜食べてみましょう〜♫

スポンサードリンク

冬によく食べるきりたんぽ。
きりたんぽの他に”だまこ餅”というのがあります。
きりたんぽと同じようにスーパーで真空パックで売られています。
我が家では、きりたんぽは購入してくる派だし、焼かなくて良い
だまこ餅は自宅で簡単に作れるので、きりたんぽの代わりに入れて
食べます。
個人的にはだまこの方が好きだったりします。

では 作り方を説明しましょう!

きりたんぽのだまこ餅の作り方って?

ご飯をいつもの通りに炊きます
餅米は使いません。

炊きあがったら、ご飯三合に対して
片栗粉を大さじ三杯程度入れます、
かき混ぜたら、擂り粉木などでご飯と餅の中間程度まで潰します。
ご飯の形が見える程度で大丈夫です。潰し過ぎないように注意しましょう。

IMG_1499

塩水を用意します。
お水1Lに塩大さじ一杯程度入れます

潰したご飯をミートポール程度の
大きさに丸めていいます。
両方の手のひらの中で柔らかく、
でも崩れないようにしっかりと
くるくると回しながら丸めていきましょう。

スポンサードリンク

IMG_1504

出来上がったら塩水にいれておきます。

これでだまこ餅は完成です。

あとは、きりたんぽ鍋をつくり、
きりたんぽの代わりにだまこ餅を
いれるか、両方入れてもOKです。

きりたんぽはそのままたべられる?

きりたんぽはご飯を炊いて、潰して炭火で焼いているものなので、
そのまま食べられない事はないです。
しかし、出来立ての柔らかい状態でないと美味しくないのですし、
きりたんぽ自体には味は付いていないのでそのまま食べる事は
まずありません。

一回焼いているので冷めてしまうと、温めたりしないと固くて食べられません。
あつあつの状態で頂きましょう。

きりたんぽは鍋以外でどうやって食
べるの?

きりたんぽは鍋にして食べるか一般的です。
しかし鍋だけではありません。
甘めに味付けた味噌を塗って焼いて食べるのが鍋以外では
最も多い食べ方です。

中にはきりたんぽの穴にすじごやたらこを詰めて食べる
なんて方もいるらしいですが、実際に見た事はありません(笑)

いかがでしたか?

だまこは手軽なのでご家庭で作るのにおすすめです。
きりたんぽは代わりダネを探すより
鍋で食べたほうが美味しいですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする