雛人形七段飾りの飾り方と道具の並べ方!いつから飾るのがいい?

雛人形はいざ飾り付けしようと思うと、7段もあると
どこになに飾るんだっけ??って迷いますよね。
順番を間違えないようにしっかりと確認して
飾り付けしましょう。

スポンサードリンク

雛人形の七段飾りの飾り方はこちら

 〜 一段目 〜 

一番上には当然男雛女雛ですね。

向かって右が女雛 向かって左が男雛を飾るのが
一般的とされています。

しかし、地域や飾る雛飾りによっては
逆に並べる事もあるようです。
風習などがないか確認してみましょう。

金屏風を配置し、左右にぼんぼり、男雛女雛の間に
三方揃を配置します。

〜 二段目 〜

二段目には三人官女を並べます

真ん中には座っている方を並べます。
立っている方の左右の位置は足で判断しましょう。
外側にくる足が前に出るように配置します。

座っている方が2人の場合は経っている方を
真ん中に立たせるようにしましょう。

真ん中の方には三方、向かって右が長柄、向かって左は
提子(ひさげ)を持たせるようにします。

三方の間には高槻をおき、餅などを上げます

〜 三段目 〜 

三段目は五人囃子です。
人形によっては雅楽の場合もあるようです。

向かって左から紹介しましょう。

太鼓、(座っていて片方の手が上に上がっています)
大皮鼓(立っていて、左でで鼓を持ちます)
小鼓 (立っていて、鼓を方の所に担いでいます)
笛  (両手で笛を持ちます)
扇  (右手で扇を持ちます)

ここは五人で一杯なので他の飾りは置きません

〜 四段目 〜 

四段目は随身と呼ばれる大臣です。

スポンサードリンク

向かって右には左大臣 向かって左には右大臣を並べます。
男雛から見て右が右大臣、左が左大臣の並びですので、
男雛と女雛の並びが逆の場合は並びが反対になります。

左手には弓、右手には矢の羽を下にして持たせましょう。

右大臣左大臣の間には菱餅と掛盤膳を置きます

 〜 5段目 〜 

仕丁を飾ります。
仕丁とは清掃係をいみしているようですね。
三名いますが、熊手と塵取り帚を持ちます。
袖の模様がある方を模様が外側にくるように配置します。

向かって左から、台笠、沓台、立ち傘を持たせます。
人形によっては熊手、ちり取り、帚を持ちます。

仕丁の両脇には花を飾ります。

 〜 6段目 〜 

嫁入り道具を並べましょう。

箪笥、長持、表刺袋 火鉢 針箱 鏡台 茶道具
などがあるのでならべましょう。

 〜 7段目 〜 

御輿入れ道具を並べます

御駕篭、重箱、牛車を並べましょう。

こちらで飾り付けは完了!

おつかれさまでした〜♫

雛人形の飾り方!いつから飾ったらいい?

さてさて、飾り方がわかったところで、いったいいつかざりましょ?
っていうことですが、2月に入ったら飾ってもかまいません。

理想的なのは、本来は春の季節の変わり目に邪気が入らないための
厄よけのものですので、立春が過ぎたら飾り付けるのがベストです。

あまり早く飾らなくてもいいよ〜という方は、バレンタイン
の時期がが過ぎるとかなり寒さも軽減されてくるので、
時期を見計らって飾り付けするようにしてみましょう。

3月3日を過ぎたらなるべく早めに片付けるようにしましょう。

 いかがでしたか? 

なかなか飾り付けるのは大変かもしれませんが、
年一回しっかりとお顔を拝見して飾り付けして
あげましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする